「ポリエチレン袋(形状)強度測定」を実施した結果、弊社の製造する丸底ゴミ袋(図1)は普通の平底ゴミ袋(図2)に比べて1.51倍以上の強度を持つことがわかりました。
     
  図1 丸底ゴミ袋
ゴミ袋のそこが「スターシール加工」によって丸底形状になっております。
 

図2 平底ゴミ袋
普通のゴミ袋はこの平底形状です。

 
丸底ゴミ袋は普通の平底ゴミ袋の1.51倍の重さに耐え、破れませんでした!なお、測定器の最大測定値を上回ってしまったために丸底ゴミ袋の破袋値は測定不能でした。(下図↓)
 
日付 平成16年6月16日
測定者 株式会社日本エンジニアリングサービス
試験条件 5kgの砂袋を5個入れる。
試験方法 ポリ袋に砂袋を入れ試験機で荷重を加える。
50mm/60秒の試験速度
テスト袋 HDPE(ナチュラル)0.020×650×900mm
同工場、同素材にて生産した 丸底袋,平袋
試験機 精密万能試験機
SHIMADZU オートグラフAG-IS オペレーションユニットタイプ
(右図→)
 
丸底ゴミ袋
 
数値(1回目) 最大点試験力 0.55000kN ストローク 約180mm
評価 荷重が平均にかかっているので最大荷重点後も袋としての機能を保っている。
スターシール加工による丸底形状が、荷重を平均に受け破れにくくなっている。
平底ゴミ袋
 
数値(破袋時) 最大点試験力 0.36562kN ストローク約150mm(袋の伸び)
評価 荷重が平均にかからない為、最大荷重点が小さく破れやすい
 

詳しい実験結果を見る(PDF)
(ポリエチレン袋強度測定結果)

 
 
 
ページトップへ
 

株式会社日本エンジニアリングサービス
TEL. 03-5838-2531(代表) FAX. 03-5838-2630